MacのPHPバージョンを7.2.4から7.4.7にアップグレード

PHP

最新のLaravel7を使うには、PHPのバージョンが7.2.5以上でないといけません

試しに僕のローカルのphpバージョンをみてみたら、7.2.4でした

はい、バージョンが足りてません

という訳で現時点で最新のPHPバージョンである7.4.7へアップグレードしました

アップグレードしたのはMacのローカル環境になります

今のPHPバージョンの確認

ターミナルを開いてコマンドで確認します

php -v

PHP 7.2.4

PHPのアップデート

最新バージョンのチェック

Homebrewを使ってPHPをアップデートしますが、

まずは、searchコマンドを使ってPHP v7.x系の最新バージョンをチェックします

brew search php@7

==> Formulae
@PHP 7.2   @PHP 7.3   @PHP 7.4

最新はv7.4の様です

調べてみるとスターサーバでもPHP7.4は対応してる様なので、ローカル環境とサーバ環境の互換性はありそうです

PHP v7.4のインストール

brew install php@7.4

これで最新バージョンがインストールされたはずです

パスの変更

PHPのパスが古いままなので、これを変更します

vi ~/.bash_profile

bash_profileを開くと、以下の記述が見つかるので、バージョンの数値を7.4に変更します

export PATH="/usr/local/opt/php@7.2/bin:$PATH"
export PATH="/usr/local/opt/php@7.2/sbin:$PATH"



export PATH="/usr/local/opt/php@7.4/bin:$PATH"
export PATH="/usr/local/opt/php@7.4/sbin:$PATH"

保存したら、変更を反映させます

source ~/.bash_profile

問題発生

あとはphpのバージョンを確認するだけなのですが、ここで問題が発生しました

バージョンを確認するコマンドを打ち込むと、エラーが表示されてしまいます

php -v

dyld: Library not loaded: /usr/local/opt/icu4c/lib/libicui18n.64.dylib

どうやらnodeでの依存関係のエラーが起きてる様子

nodeを再インストールしました

brew reinstall node

そして再びPHPのバージョンを確認します

php -v

PHP 7.4.7 (cli) (built: Jul  4 2020 19:49:36) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.4.7, Copyright (c), by Zend Technologies

はい、無事に最新PHPにアップデートされました!

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら