おまえらはSNSで炎上することの本当の恐怖を知らない

SNS

僕は以前、とあるWebサービスをリリースした際、あることをきっかけとしてSNSで炎上したことがあります

まあ、SNSっていうのはTwitterなんですけどね

木村花さんの自殺問題に代表されるように、最近のSNSは炎上がつきものですし、炎上すると人間の精神を追い詰めます

たまにこういったSNSの誹謗中傷系のニュースが取り上げられると、

「誹謗中傷に耐えられない人間はSNSをやめるべき」とか、

「誹謗中傷はいけないことだから訴訟すべき(キリ)」

なんてコメントを見かけますが、実際の炎上経験者としては、

こいつら炎上の怖さを全くわかってないな・・・

と思うわけです

僕の過去の炎上について、はこちらの記事をご覧ください

幸いなことに、僕の場合はサービスのために作ったTwitterアカウントだったので、そのアカウント名は当然サービス名だったわけですし、自分の名前はTwitterにもサービスにも書いてませんでした

なので、炎上後はそのTwitterアカウントを閉鎖するだけで済みました

無事、僕とその炎上したサービスは社会的に切り離されたわけです

が、

もしも炎上したTwitterアカウントが僕の本名、かつ顔画像をプロフィールに使ったものだったとしたら?

死ぬまで、というのは大げさかもしれませんが、少なくとも最低数年間は僕の名前がネット上で誹謗中傷され、それが履歴として残り続けたでしょう

(実際に炎上したサービスは今もなお、ネット上でスクショされて残ってます。正義マンたちは悪人を逃さないために魚拓を残します)

そんなことを想像するとマジでゾッとしますし、絶対にTwitterアカウントに本名を使ったり、自分個人を特定できるような情報を書くべきじゃないと感じました

「自分はそんな悪いことはしないから大丈夫」

と思ってる人もいるかもしれませんが、今やTwitterはネット上の暗黒面の集団が集まる空間でもあります

最近、2chに人が少なくなり、そう行った受け皿を求める暗黒面の集団がTwitterに移動してるようです

一番タチの悪いことに、正義マンたちは自分が正義だと思いこんでるので、平気で自分には全く関係のない他人でも攻撃します

たとえ自分が悪いことをしていなくても、ターゲットにされたら終わりです

たちまち過去の発言が脚色されてリツイートされ、スクショを取られ、その正義マンのフォロワー、そのフォロワーのフォロワーたち・・・と言った膨大な正義マンが立ち替わり入れ替わりであなたを攻撃してきます

「たまたま全く関係のないニュースの加害者に自分の特徴が似ていた」

なんていう些細なことで、勘違いした正義マンたちはあなたを犯罪者扱いし攻撃してくるわけです

もちろん芸能人の方をはじめ著名人はTwitterを使って宣伝できるツールでもあるので、とても有用なツールであることは間違いないわけですが、ひとつ橋を踏み外すと、いや、踏み外さなくても運さえ悪ければあなたもいつ炎上して他人に追い詰められる日が来るかもしれません

SNSの炎上の当事者は人間の本当の怖さを思い知るでしょう

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら