Laravel + Bladeでよく使うあれやこれ

Laravel

ドロップダウンボックス

都道府県を選ぶドロップダウンを作るようなケース

<select name="pref">
  <option selected="selected" value="">都道府県を選択してください...</option>
  <option value="1">北海道</option>
  <option value="2">青森県</option>
  <option value="3">岩手県</option>
  <option value="4">宮城県</option>
  <option value="5">秋田県</option>
  <option value="6">山形県</option>
  <option value="7">福島県</option>
  <option value="8">茨城県</option>
  <option value="9">栃木県</option>
  <option value="10">群馬県</option>
  -- 以下、省略 --
</select>

こういうHTMLをスマートにBlade+Formファサードを使って作りたい

定数の定義

<?php

return [
    '1' => '北海道',
    '2' => '青森県',
    '3' => '岩手県',
    '4' => '宮城県',
    '5' => '秋田県',
    '6' => '山形県',
    '7' => '福島県',
    -- 以下、省略 --
];

フォーム入力画面(blade)

{{ Form::select('pref', config('prefectures'), null, ['class' => '', 'placeholder'=>'都道府県を選択してください...']) }}

表示場面(blade)

// $prefectureにはDBから取得した都道府県の値が入ってる
都道府県:{{ config('prefectures')[$prefecture]; }}

繰り返し(for)

こちらもドロップダウンだけど、西暦のようにconstクラスは使わずに、View側で生成するようなケースの場合

<select name="year">
  <option disabled selected>年式を選択してください...</option>
  <option value="9999">不明</option>
  @for ($i = 2022; $i >= 2000; $i--)
    <option value="{{ $i }}">{{ $i }}年</option>
  @endfor
</select>

親から子へ変数を渡す

親(呼び出し元)

@include('layouts/footer', [ 'copyright' => '@2022 4breaker', ])

<div>
    @yield('footer')
</div>

子(呼び出し先)

<span> {{ $copyright }} </span>

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら