会社でフェイスブックを更新する人は要注意!バレる可能性大

2020年6月11日セキュリティ

知らない人も多いと思いますが、フェイスブックはいまだに同じネットワーク上の人を「知り合いかも」に表示しています

例えば会社でフェイスブックを使ってると、その社内で同じネットワークを使ってフェイスブックをやってる同僚や上司を「知り合いかも」に表示してしまいます

自分だけじゃなくて、たぶん上司や同僚側にもあなたが「知り合いかも」に表示されてると思います

少しだけ技術的な話をすると、これはいわゆる同じIPアドレス上の人を「知り合いかも」に表示してるわけです

でもググってみると、

「フェイスブックはIPアドレスでの紐付けはもうやってません」とかいうのがよく引っかかりますが、

あれは嘘

フェイスブックはいまだにIPアドレスで紐付けをガンガンやってます

同じネットワーク上とは?

詳しくない人に簡単に説明すると、

ネットワークではあなたのことを識別するためにIPアドレスという固有の番号を割り振ります

でもその固有番号は基本的に1回線で1個

つまり、社内とか家で複数の人がネットを使っていても、外から見るとその全員が同じIPアドレスになります

だから会社で複数の人がフェイスブックの更新をやっていると、フェイスブック側から見ると同じIPアドレスで異なるアカウントが存在する事になります

例えば、ある時フェイスブックにこんなアクセスログがあったとします

[IPアドレス:123] アカウント名:abc
[IPアドレス:456] アカウント名:XXX
[IPアドレス:456] アカウント名:ZZZ

同じIPアドレス456から、異なるアカウントでFacebookにアクセスしています

こうなるとFaceBookは、アカウントXXXZZZは同じIPアドレスなので知り合いかもしれないと断定します

[IPアドレス:123] アカウント名:abc
[IPアドレス:456] アカウント名:XXX ←ZZZと知り合いかも
[IPアドレス:456] アカウント名:ZZZ ←XXXと知り合いかも

アカウントXXXZZZは違うアカウントですが、同じIPアドレス:456だから知り合いかもに表示される訳です

「同じネットワーク上にいるってことは同じ建物内にいる可能性が高いわけだから、必然的に知り合いの可能性が高い。だから知り合いかもに表示しとこ♪」

って感じなのでしょう

なぜわかったか

僕はフェイスブックに一応アカウントを登録してますが、本名じゃありません

「山田太郎」みたいな感じの偽名にしてます

んで、そのアカウントには家族はおろか友達も登録してませんし、個人的な情報(学校、職場)など一切入れてません

であるにも関わらず、母親と義兄が「知り合いかも」に表示されていました

普通ならあり得ないことです

ちなみに、母親や義兄についてフェイスブックで検索してこともありません

これを見た瞬間はちょっと恐怖を感じました

しかし冷静になって原因を分析してみました

考えられる可能性は一つでした

以前、母親と義兄がうちに来て僕のWIFIネットワークを使っていたことがありました

きっとその時にフェイスブックにログインしたんでしょう

時間差こそあるものの、母親と義兄は僕と同じIPアドレス上に存在しているのですから、フェイスブックからしたら「こいつら知り合いじゃね?」となるのも無理はありません

ていうかそれ以外に考えられる可能性がありません

だから「フェイスブックは未だにIPアドレスで紐付けをしてる」という結論に至りました

会社でサボるのは良いけども、フェイスブックの更新は家でやった方が良いよ

というお話でした

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら