twig v2からv3への変更点(拡張関数)

2020年6月12日Twig

前回の記事の続きです

twigで独自の拡張関数を追加する方法も変更になっていました

v2

// ビフォアー
$function = new \Twig_SimpleFunction('function_name', 'ふぁんくしょんへのパス');
$twig->addFunction($function);

v3

// アフター
$function = new \Twig\TwigFunction('function_name', 'ふぁんくしょんへのパス');
$twig->addFunction($function);

今までファンクションを生成するのはTwig_SimpleFunction()という名前の関数だったのが、

v3ではTwig\TwigFunction()に変更になっています

twigではv2からv3になるにあたり、結構思い切った変更をしてるみたいです

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら