日本のWebサービス開発者が、複雑で誰も使わないシステムを作りたがる訳

システム開発, 社内改善

日本の会社でWebサービスの開発をしてると、こういうシチュエーションによく出くわします

Aさん

こういう画面UIで作ろうと思いますがどうでしょうか?

Bさん

ちょっと待って、これじゃあ○○のユーザが△△した場合に困るよね

Cさん

じゃあ、ZZという機能を追加してはどうでしょう?

Dさん

その場合、××の機能が影響を受けるから、さらにYY機能を追加しましょうか

全員「では、それで行きましょう」

・・・

・・

お分りいただけたでしょうか

ABCDが話し合った結果、当初の画面にZZとYYという機能を追加することになりました

しかしこれは、10人に1人に満たないような少数のユーザを想定してのことです

このように、ほとんど使う可能性の少ないマイノリティーユーザのために、多くのコストをかけてZZとYY機能を追加するのが日本のシステム開発現場では普通に行われています

私は自社サービスの開発をしてる複数の会社でサービス開発に携わった経験がありますが、例外なくどの会社でも仕様検討のミーティングでこのような会話があります

機能追加を悪と言いたいのではありません

確かに、ZZとYYという機能を追加すれば、10人に1人と言ったユーザのためにはなります

しかし反対に、それは10人中9人には全く関係のない機能ですし、そのために複雑化した画面はむしろ使いにくくなるでしょうし、だったらいっそのことやめたほうが合理的だと言いたいんです

本質思考を持った開発現場ではこうなる

しかしこれがエッセンシャル(本質)思考を持ち合わせたチームだった場合、ABCDの議論はこうなります

Aさん

こういう画面UIで作ろうと思いますがどうでしょうか?

Bさん

ちょっと待って、これじゃあ○○のユーザが△△した場合に困るかも

Cさん

でもそれ、10%以下のユーザしか使いませんね

Dさん

うん、それに仮にZZの機能を追加するにしてもシステムが複雑になるし、コストもかかるからオリジナルのままでどうでしょう

全員「では、それで行きましょう」

このようにエッセンシャル思考を持ち合わせたチームでは、少数のユーザのために無駄なコストを払いません

これで浮いたコストを、多数のユーザのための品質向上に費やすことができます

確かに少数を切り捨てるというのは勇気のいる決断です

しかし、日本ではこれができないために、無駄なコストをかけて本来どうでもいいことに注力するケースを度々見かけます

エッセンシャル思考とは

エッセンシャル思考とは本質を見抜く思考能力のことを言います

大事な本質にフォーカスすることで、それ以外のものを切り捨てて質の高い仕事をすることができます

詳しくはこちらの本を読んでみてください(別に買わなくても図書館で借りてもいいと思います)

日本のホワイトカラーの生産性が低いのは「捨てられないから」

日本のホワイトカラーで働いてる人はなんとなくお分かりだと思いますが、日本の会社は本来の業務とは関係のない仕事がたくさんあります

こうした無駄なコストが日本の現場の生産性を引き下げていることは疑いようがありません

そして私は、その核にあるのは捨てられないことだと考えています

例えば、先ほどのケース

10人に1人と言ったマイノリティーなユーザを切り捨てずに、そこにコストをかけるのが日本

10人に1人を切り捨てて、残り9人が使いやすいシステムにするのがグーグルをはじめとした海外のサービスです

こうした本質以外のことを排除することで、本来の自分の仕事にフォーカスできます

日本でサービス開発を行うチームは、このエッセンシャル思考の本を一度読んでほしいと思います

エンジニアは勇気を持ってNoを言おう

ただしエンジニアは、

「そんなもんいらないでしょ」

とは言えない背景があることも理解してます

だって、そんなことを作る側のエンジニアが言ったら、

「こいつ仕事したくないだけじゃね?」

ってディレクターやプロデューサー達から思われて評価を下げられかねませんもん

だから日本の会社員エンジニアは

「あれも追加しましょう、これも追加しましょう」

と言いがちです

だってそう言ったほうが、頑張ってる感が出るので評価が得られやすくなりますから

でもよくよく考えてみてください

本質とは違うことにコストを費やすよりも、本当にユーザが必要としてることにコストを払ったほうがサービスは確実によくなります

サービスが良くなれば売上の向上にだって貢献できますし、会社の業績だって向上しボーナスだって増えるかもしれません

本質とは違うところにばかりコストを投じる会社は生産性の低い仕事しかできない会社なので、長い目で見たら淘汰される可能性が高いです

そんな仕事しかできない会社だったら潔く辞めて、もっとエッセンシャル思考で仕事ができる環境を探してほうがいいでしょう

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら