グーグルのリスティング広告はSEO対策が馬鹿らしくなる位効率が良い

2020年6月11日グーグル

僕が運営してるサービスの一つにリスティング広告を使って集客してるモノがあります

僕がどうしてリスティング広告を出してみようと思ったのかとか、その効果なんかをレポートを踏まえて紹介します

リスティング広告とは?

赤枠がリスティング広告の例

知らない人のために簡単に解説しておくと、リスティング広告とは、

「お金を払って検索エンジンのページに表示させること」を言います

現在の日本の検索エンジンはほぼグーグルの1強だから、リスティング広告とは

グーグルにお金を払って検索上位に表示させること、と思ってもらっていいと思います

グーグルの検索結果で上位に表示させるにはかなりSEOを頑張らないといけませんが、

お金を払えばすぐに解決してやるよ、っていうサービスになります

リスティング広告には懐疑的だった過去

僕は今まで他にも様々なWebサービスを作って来ましたが、

集客方法といえば基本的には検索エンジンからの自然流入に頼っていました(SNSも多少はあるかな)

なので、どのウェブサイトも基本的なSEO対策はしてました

とはいえ基本的なSEO対策って、

H1タグやTitleタグなんかのグーグルボットが参考にするタグをしっかりつけましょう、とか、

被リンクの数・質が重要なので他サイトからリンクされるようにしましょう、とかそんな程度

そんなこと真面目にやってたとしても、

検索結果1ページ目に表示するのって、かなりニッチなワードじゃないと正直かなり難しいのはウェブサイトを作ったことがある人ならわかってもらえると思います

さらにtoC向けのサービスだったりすると、主なマネタイズ方法が広告のみだったりするので、リスティング広告でお金をかけて集客しても割にあいません

とはいえ直接課金できるようなマネタイズ方法を持っていたとしても、

「リスティング広告ってお金がかかる割に効果は薄いのだろう」と思っていました

「メチャメチャ儲かってるけど税金払うくらいなら広告にでも使うかー」

ぐらいの感じなのかと

昔アプリを開発してた時に、Adsenseに広告を出して効果が対してなかったことが、

自分の中で根強く残っていたのかもしれません

実際に使ってみた

ひょんなことから、実際に使ってみることになったんですが、これが結構効率がいいんです

ニッチなワードだからというのもあると思います

あとは、リスティング広告ってクリック課金型だから、

紛らわしいタイトルとか文章を出して誤クリックされないように注意も必要です

僕は一発みたらわかるタイトルと文章を作ることを心がけました

理想はクリックしてランディングページに飛んで来た人が全員

成果に結びついてくれることですね

とある月に試してみたグーグル広告の概要レポートを見てください

f:id:d1884:20190301184852p:plain

▼クリック数

13回

▼表示回数

597回

▼平均クリック単価

36円

▼費用

465円

▼表示からクリックに至る割合

2.18%

▼クリックされてから成果が発生する割合

30.8%

総費用465円、成約件数3件だったので、

1回あたりの成約に発生した集客費用は155円だったことになります

とはいえ、クリックされてからランディングページに来てくれたユーザのうち、制約に至るまでのユーザの割合が30%あるのはまずまずじゃないでしょうか

ランディングページに来てくれた人のうち3人に一人は成約してることになるので、

グーグルでの広告の入り口からミスマッチが少ないと言えると思います

なお、上限クリック単価は抑えめに設定してます

上限クリック単価を高めに設定した場合、当然クリック数も増えると思いますが、その時の成約一軒1あたりの集客費用はどうなるのか、気になるところです

ブログは時間の無駄?

おそらくコンサル系会社にウェブサイトの作成を依頼すると、同時にブログも運営しましょうとか勧められると思います

なぜならブログってSEO効果が高いからです

ウェブの媒体って、テキスト・画像・動画・音声などいろんな種類がありますが結局のところ、このうち検索エンジンであるグーグルはテキストしか見てません

だから極端に言えばテキストしかSEO効果が望めないということになります

つまり文字という活字でしかグーグルさんには評価されないのです

だからこそブログなのです

ところが、です

ブログって書くのにかなりの労力がいります

2、3記事はすぐに書けるかもしれませんが、それを毎日毎日、1年、2年と続けるにはそれ相応の努力が必要になります

しかも書いたからといって、すぐにグーグルさんに評価されるわけじゃありません

記事の品質も重要ですが、絶対的にある程度の量・期間が必要になります

会社だと、従業員に日替わりでブログを書かせたりするところも多いです

けど、それは本当に効果的なのでしょうか?

払ってるコストに対して、正しいリターンは得られるのでしょうか?

ブログの最低コストは20万円?

例えば時給千円のバイトに1記事を書いてもらうとします

2時間で書き上げたとすれば、その1記事あたりのコストは2千円ということになりますよね

アウトソーシングサイトでライターに依頼してもそのくらいの費用は最低必要にはなります

今のブログは、グーグルさんに評価されるためには少なくとも100記事は必要というのがセオリーですから、100記事分となると20万円のコストということになります

つまりSEOでの集客を狙ったブログでは1つにつき最低20万円くらいのコストが必要ということになります

それでバッチリ狙ったワードに対して検索エンジンで1位もしくは上位で表示できればまだいいんです

それすらもなかなか到達しないのが普通だと思います

つまり、ブログをやったからと言って、かけたコストに対してリターンが得られるとは言いずらいわけです

数年単位という長期間で考えれば、ブログでのメリットが得られる場合もあるでしょう

でも今の日本は新しく起業しても5年後に残ってるのは4割だと言われてますから、そんな呑気なことを言ってられません

リスティング広告はすぐに効果が出る

その反面、リスティング広告は金さえ払えばすぐに検索結果に表示してくれます

例えば、1クリックあたりの単価を100円に設定したとすれば、1つのブログを作るコスト20万円で目的のページに2000回訪れてもらえることになります

ブログを20万円で作って、そこから目的とするページへ誘導するリンクを貼ってもなかなか2000回訪れてもらうのは難しいかもしれません

場合によってはリスティングの方が効果が高い

長々と書いてきましたが、何が言いたいのかと言うと、

つまり、安易にブログを作ってSEO効果を狙うよりも、場合によってはリスティング広告を出した方が効率がいいかもよ、って話でした

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら