「グーグルでログインする」ボタンをカスタマイズする方法

グーグル

先日、「グーグルアカウントを利用してウェブサイトにログインする機能」の実装方法を紹介しました

ところが公式ドキュメント通りに実装すると、一つの問題に直面します

それは、

・・・

・・

ボタンのデザインがダサいWebサイトに合わないこと」

です

この解決(ボタンのカスタマイズ)方法を紹介します

カスタマイズの公式ドキュメントも存在するんですが、相変わらずわかりずらいです

Before → After

グーグルサインインAPIで表示される、デフォルトのログインボタン。それが、

はい、こちらです

悪くはないんですが、横幅のサイズがレスポンシブに対応できないとか、ウェブサイトのベースデザインに合わないなどの問題があります

それを今回、こういう感じで表示できるようにカスタマイズします

ボタンデザインのカスタマイズ

Login.html

ビフォアー

<head>
  <meta name="google-signin-client_id" content="準備編で取得したクライアントID">
</head>
 
<!-- ボタンを表示 -->
<div class="g-signin2" data-onsuccess="onSignIn"></div>
 
<!-- ライブラリのロード -->
<script src="https://apis.google.com/js/platform.js" async defer></script>
 
<script>
  function onSignIn(googleUser) {
 
    // トークンの取得(サーバーにはこちらを送信)
    var id_token = googleUser.getAuthResponse().id_token;
 
    // 接続を解除して、2回目以降の自動ログインを防止
    var auth2 = gapi.auth2.getAuthInstance();
    auth2.disconnect();
 
    // 5.サーバへ送信
    var xhr = new XMLHttpRequest();
 
    // open()で指定するのは、サーバ側のURL
    xhr.open('POST', 'https://example.com/server-side.php');
    xhr.setRequestHeader('Content-Type', 'application/x-www-form-urlencoded');
 
    // 処理が終わった後に呼ばれるコールバック
    xhr.onload = function() {
      if(xhr.readyState == 4 && xhr.status == 200 && response){
        // ログイン完了後にリダイレクト
        window.location.href = 'https://example.com';
      }
      else{
        console.log('エラー');
      }
    };
    xhr.send('idtoken=' + id_token);
  }
</script>

アフター

<head>
  <meta name="google-signin-client_id" content="準備編で取得したクライアントID">
</head>
 
<!-- ボタンを表示 -->
<button id="googleSignIn" class="btn btn-block">
    <svg aria-hidden="true" class="native svg-icon iconGoogle" width="18" height="18" viewBox="0 0 18 18"><path d="M16.51 8H8.98v3h4.3c-.18 1-.74 1.48-1.6 2.04v2.01h2.6a7.8 7.8 0 002.38-5.88c0-.57-.05-.66-.15-1.18z" fill="#4285F4"></path><path d="M8.98 17c2.16 0 3.97-.72 5.3-1.94l-2.6-2a4.8 4.8 0 01-7.18-2.54H1.83v2.07A8 8 0 008.98 17z" fill="#34A853"></path><path d="M4.5 10.52a4.8 4.8 0 010-3.04V5.41H1.83a8 8 0 000 7.18l2.67-2.07z" fill="#FBBC05"></path><path d="M8.98 4.18c1.17 0 2.23.4 3.06 1.2l2.3-2.3A8 8 0 001.83 5.4L4.5 7.49a4.77 4.77 0 014.48-3.3z" fill="#EA4335"></path></svg>
    Log in with Google
</button>
 
<!-- ライブラリのロード -->
<script src="https://apis.google.com/js/platform.js?onload=googleCallBack" async defer></script>
<script>
  function googleCallBack(){
    gapi.load('auth2', function() {
      auth2 = gapi.auth2.init({
        client_id: '準備編で取得したクライアントID',
        cookiepolicy: 'single_host_origin',
        scope: 'profile'
      });
 
      auth2.attachClickHandler(element, {},
        function(googleUser) {
          console.log('Signed in: ' + googleUser.getBasicProfile().getName());
 
          // トークンの取得(サーバーにはこちらを送信)
          var id_token = googleUser.getAuthResponse().id_token;
 
          // 接続を解除して、2回目以降の自動ログインを防止
          var auth2 = gapi.auth2.getAuthInstance();
          auth2.disconnect();
 
          // 5.サーバへ送信
          var xhr = new XMLHttpRequest();
 
          // open()で指定するのは、サーバ側のURL
          xhr.open('POST', 'https://example.com/server-side.php');
          xhr.setRequestHeader( 'Content-Type', 'application/x-www-form-urlencoded');
 
          // 処理が終わった後に呼ばれるコールバック
          xhr.onload = function() {
            if(xhr.readyState == 4 && xhr.status == 200 && response){
              // ログイン完了後にリダイレクト
              window.location.href = 'https://example.com';
            }
            else{
              console.log('エラー');
            }
          };
          xhr.send('idtoken=' + id_token);
        }, function(error) {
          console.log('Sign-in error', error);
        }
      );
    });
 
    element = document.getElementById('googleSignIn');
  }
</script>

6行目

<button id="googleSignIn" class="btn btn-block">

コードではbuttonを使ってますが、別に画像でも大丈夫です

このボタンにはBootstrapのクラス「"btn btn-block"」を指定してますが、ここは自分の環境に合うようなCSSを指定してください

7行目

<svg aria-hidden="true" class="native svg-icon iconGoogle" width="18" height="18" viewBox="0 0 18 18"><path d="M16.51 8H8.98v3h4.3c-.18 1-.74 1.48-1.6 2.04v2.01h2.6a7.8 7.8 0 002.38-5.88c0-.57-.05-.66-.15-1.18z" fill="#4285F4"></path><path d="M8.98 17c2.16 0 3.97-.72 5.3-1.94l-2.6-2a4.8 4.8 0 01-7.18-2.54H1.83v2.07A8 8 0 008.98 17z" fill="#34A853"></path><path d="M4.5 10.52a4.8 4.8 0 010-3.04V5.41H1.83a8 8 0 000 7.18l2.67-2.07z" fill="#FBBC05"></path><path d="M8.98 4.18c1.17 0 2.23.4 3.06 1.2l2.3-2.3A8 8 0 001.83 5.4L4.5 7.49a4.77 4.77 0 014.48-3.3z" fill="#EA4335"></path></svg>

グーグルのカラフルなGマークに当たる部分です

グーグルログインボタンをカスタマイズする際、グーグルのAPIであることを示すためにこのGマークを変更してはいけません

どのようなボタンにカスタマイズする場合であっても、必ずこのマークを表示することが必要だとガイドラインにも明記されています

表示のやり方は様々ですが、僕は一応SVGで指定しています

11行目

<script src="https://apis.google.com/js/platform.js?onload=googleCallBack" async defer></script>

ビフォアーではただAPIをロードするだけでしたが、

カスタマイズするときは、オンロードで読み込むレンダー関数(googleCallBack)を指定します

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら