新卒は就職したら3年は我慢しないダメ?転職に不利?

2020年10月6日転職

新卒で入社したせっかくの会社、でも入ってみたら

「思ってた会社とちょっと違ってた」とか

「仕事がつまらない」

「辞めたい」

そんなことを考える新入社員は多いのではないでしょうか

実は僕もそうでした

結果的に言えば、僕は新卒で入社した会社には約4年在籍していました

でもその間、第二新卒として転職しようか悩んだことはいっぱいありました

今振り返ってみて、その選択は正解だったのか、不正解だったのか、

会社を辞めるか悩んでる人の参考になればと思い、その辺のことを書いてみたいと思います

石の上にも3年は本当か?

僕は新卒で入った会社では、最初から3年で辞めようと思って入社しました

3年たったら、その経験で何か自分で始められないだろうか、と。

自分で会社を作れないか、と。

あまり人から言われたことをただやるだけの仕事はしたくなかったからです

会社員があまり向いていないという自覚もあったと思います

「石の上にも3年」じゃないけど、とりあえず3年は修行のつもりで頑張ろう、

と思ってました

「じゃあ、なんで4年いたんだよ?」

と思われるかもしれません

それは、3年目の終わり頃から面白いプロジェクトが社内で始まったからです

運も良かったと思いますが、そのプロジェクトは割と自主性が高くて、3、4人の少人数チームで割りかし好きなようにやらせてもらえたので、すごい楽しかったのを覚えています

もしも3年目を前にして会社を辞めていたら、あのプロジェクトには関われなかっただろうし、そういう意味では僕は3年我慢して良かったなと思っています

でもみんながみんな、そう運よくうまい方向に転がるとは限りません

3年未満での転職は不利か?

最近では第二新卒で他の会社に転職する、という第二の新卒カードがあります

もちろん面接では

「なんでそんな短期間に今の会社を辞めて、うちに来るのか?」

ということはまず間違いなく聞かれます

けど、そこで合理的な回答ができる人であれば、転職も成功する可能性は高いと思うし、3年未満での転職でも不利にならない様に思います

だから他人に理解してもらえる合理的な理由があるのかないのか、が焦点になります

僕個人の考えとしては、つまらない会社だったのならどんどん転職してしまえば良いと思ってます

3年も我慢する必要はない、と

つまらないと感じる会社で仕事をしていても、自分の能力は発揮できないし、楽しくないし、誰も幸せにならないからです

人間は好きなことをやってる時が最もパワーを発揮できる生き物です

もちろん全員が自分の好きなことを仕事にできるわけじゃありません

それでも嫌いなことを仕事にするよりは、全然良いと思います

後悔しない

人生の中で最も後悔したことは何かを老人に聞いたところ、最も多かったのは「しなかったこと」らしいです

「したこと」より「しなかったこと」の方が後悔が強く残る

「好きな子に告白したこと」より「告白しなかったこと」の方が後悔してる人は多いんじゃないかと思いますが、それと同じですね

だから、これを転職に置き換えると「転職したことより、しなかったことの方が後悔する」ということになるのかもしれません

もちろん転職しても成功するケースだけじゃありません

失敗する場合だってあります

でも、それでも「したこと」に対して人間はあまり後悔しないことが多いのですから、チャレンジはどんどんすべきだと思っています

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら