TAGSINPUT.JSを使ってBootstrap4でタグ入力欄を実装する

2020年6月12日Bootstrap, ツール関連

タグ入力欄って言うのはこれのことです

エンターキーもしくはカンマを入れることで複数の単語を区切って入力できる欄のことですね

Bootstra4にデフォルトで用意されてると思ってましたが、どうやらないみたいです

というわけでTAGSINPUT.JSというJqueryで動くプラグインを利用させてもらいます

見た目も使い勝手も結構イケてます(もちろんレスポンシブもOK)

デモはこちら

前提

tagsinput.jsはBootstrap向けのプラグインなので、Bootstrap4を導入してる必要があります

jqueryはmin版を

んで、これ結構重要なんですが、Bootstrapの公式ページの導入マニュアルだとjqueryはslim版のCDNリンクを使ってます

でもtagsinput.jsはmin版のjqueryじゃないと、動作に不具合が出ます

単純に「jquery-3.4.1.slim.min.js」からslimのところだけを削除すると、integrityが不正だと怒られるので、こちらのjquery公式ページからcdnリンクをコピペしましょう

僕の場合は3.4.1を選択(もちろんminified)

min版のCDNリンクをコピーして、Bootstrapの導入コード部分と置き換えます

導入

GitHubからZIPファイルをダウンロードして解凍

5つほどファイルが見つかりますが、使うのはこの2つだけ

  • tagsinput.js
  • tagsinput.css

まずはこの2ファイルを読み込みましょう

HTML

<link href="tagsinput.css" rel="stylesheet" type="text/css">
<script src="tagsinput.js"></script>

使い方

あとはタグ入力欄を表示させたいところに、以下のHTMLを書くだけ

<input id="tags" name="tags" type="text" data-role="tagsinput" value="Jquery,PHP">

「data-role="tagsinput"」をつけるだけでタグ入力欄に変身

valueの値は初期値

inputタグ、もしくはselectタグで使用できます

あとはサーバー側(PHP)でこんな感じで取得できます

  ["tags"]=>  string(11) "Jquery,PHP"

以上

オプション

いくつかオプションが用意されています

maxTags:入力タグ上限数

maxChars:1タグあたりの入力文字数制限

delimiter:区切り文字

などなど

詳しくはこちら

指定の例

Javascript

$('#tags').tagsinput({
    maxTags: 5,
    maxChars:25
});

こんな感じで指定できます

注意事項

なぜか公式ドキュメントには書いてないんですが、上記のようにjavascript側でオプションを指定するときはhtml側の「data-role="tagsinput"」は外す必要があります

htmlとjavascriptの両方を指定しちゃうと、javascript側のオプションが有効になりません

要注意!

不具合

非常に簡単に導入できるTAGSINPUT.JSなんですが、不具合がありました

その不具合と解決方法

タグがいちゃつきすぎ問題

タグとタグの感覚が非常に狭いことに気がつきました

僕の環境だからこうなってるのかはわかりませんが、タグ同士がくっついちゃってます

ちょっと いちゃつきすぎですね

というわけで、CSSの調整でもうちょっと感覚を取ってもらうことにしました

CSS(tagsinput.cssの43行目あたり)

.bootstrap-tagsinput .badge {
  /*margin: 2px 0; ←そこ、もうちょっと離れろ!*/
  margin: 2px 2px;/* ←離した */
  padding:5px 8px;
}

修正した結果↓

めでたしめでたし

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら