ゼンハイザーPC5の実力をApple純正イヤホンと比較してみた[リモートワーク改善]

仕事環境

リモートワークでは主にApple純正のマイク付きイヤホンを使用しています

なぜって?

昔iPhoneを買った時に付属してたのが余ってたからです

最初の方はそれでも特に不自由なく使えていたんですが、次第に不満が出るようになりました

というわけでリモートワーク環境の改善として、今回はヘッドセットを変えてみることにしました

Apple純正イヤホンの不満点

配線が短い

Apple純正イヤホンはイヤホン取り付けジャックからイヤホンまで120cmしかないので、物理的にあまりPCから離れることができず、頑張って配線の範囲内にPCに体を寄せて話すのでまるで猿回しの猿みたいになっていました

PCを他のディスプレイと並べて見る自分にとって、PCまで距離が遠いことも影響してました

イヤホンをいちいち耳にねじ込むのが面倒

リモートワークのミーティングは1日に複数回あることも珍しくないわけで、その度にイヤホンを耳にねじ込むのがいい加減面倒になってきました

特に急なZoomミーティングなどが発生すると、急いでイヤホンを耳に入れるわけですが、この辺がワンタッチでできると負担が減ると思ったのも理由の一つです

音質を改善したい

Zoomを使う上では特に音質に不満を持ったことはなかったんですが、Youtubeにアップする動画編集でアフレコをする際、Apple純正イヤホンだとマイクの位置が毎回変わるのか、頻繁に声の大きさやしゃべり声が変化してしまうことに気がつきました

その辺を安定感を持ってアフレコできるマイクを探してた、というのもあります

ゼンハイザーのヘッドセットPC5を選んだ理由

そこで自分が選んだのはゼンハイザーのPC5というヘッドセットです

ゼンハイザーと言えば、高品質なHDシリーズのヘッドホンで有名ですがそのネーミングに半分くらいやられたのは事実です

レビューでも評価が高かったのも選んだ理由の一つです

ちなみにゼンハイザーのヘッドセットはPC2〜PC8まで種類がありますが、主に以下の違いがあります

PC2PC3PC5PC7PC8
ヘッドホン左のみ左・右左・右左のみ左・右
接続方法3.5mm3極(2本)3.5mm3極(2本)3.5mm4極(1本)USBUSB
実売価格2,750円2,815円2,409円4,000円4,073円
(実売価格は本日時点でのAmazon調べ)

自分の場合、ヘッドホンが左だけだと他人の話を聞き漏らしてしまう可能性が高まることから左右タイプにしました

さらにPCにUSBをさせるポートの空きがないこと、2本だしの3極タイプより1本の4極タイプの方が使い勝手が良いことから必然的にPC5となりました

なぜか値段が最も安かったのも大きな決め手でした

PC2

created by Rinker
EPOS
¥2,750 (2021/06/19 17:58:11時点 Amazon調べ-詳細)

PC3

PC5

created by Rinker
EPOS
¥3,080 (2021/06/19 17:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

PC7

created by Rinker
EPOS
¥4,000 (2021/06/19 17:58:13時点 Amazon調べ-詳細)

PC8

商品詳細

内容物はこれだけ、非常にシンプルです

説明書にはある日本語部分はこれだけ

説明書というよりも単なる注意事項が書いてあるだけでした

ヘッドホン部分には光り輝く(?)ゼンハイザーのマーク

可もなく不可もなくなヘッドホンパッド

音を拾うマイク部分

ヘッドホンから伸びる配線が画像ではそれなりに太く見えますが、実際は結構細いです

配線をどこかに引っ掛けながらヘッドホンを引っ張ってしまうと切れてしまいそうな恐怖感があります

マイクアームの可動範囲

マイクアームが動く可動範囲は大体180度といったところでしょうか

実際問題はこれだけ動けばなんの問題もありません

ヘッドホンの音質

このPC5を買った目的はマイクの音質を改善することだったので、正直なところヘッドホンの音質はどうでもよかったです

が、実際に聞いてみると、、、うーん、これも可もなく不可もなくといったところでしょうか

ゼンハイザーのイメージを期待すると裏切られる結果になるかもしれません

ま、このヘッドセットで音楽を聴くわけじゃありませんし、Zoomで会話する上ではもちろん十分な音質です

マイク音質比較

個人的に改善したかったのはマイクです

実際にApple純正イヤホンとゼンハイザーPC5で音声を録音して、音質を比較してみました

Apple純正イヤホン

ゼンハイザーPC5

どうでしょうか?

比較してみるとゼンハイザーPC5は音声の周波数帯以外にフィルターをかけたような音質になってるのに対して、Apple純正はフィルターをかけずに割と広域の周波数を拾ってるように聞こえます

ゼンハイザーPC5は音声にフォーカスを合わせて作られているためか、少し篭ったような音にも聞こえます

ちなみに上記はMacで録音したわけですが、Macには環境ノイズリダクションという機能があってそれを有効にしています

この機能をオフにしてしまうと、Apple純正イヤホンではホワイトノイズが目立ってしまいます

Apple純正イヤホン(環境ノイズリダクションなし)

ゼンハイザーPC5(環境ノイズリダクションなし)

ご参考までに。

created by Rinker
EPOS
¥3,080 (2021/06/19 17:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら