LinksMateでSimカードを追加するときは要注意!間違えると高額な手数料が!

スマホ

この度、使用していた音声用ガラケーが更新時期を迎えたので、LinksMateへMNPすることにしました

なお、データ用のSimはすでにLinksMateを利用してるので、追加Simカードを申請することになります

この時、色々と問い合わせをしながら手続きをしましたが、結構危ないと思われる罠がありました

LinksMateで追加Simカードを検討してる方は参考にしてみてください

今回やりたかったこと

僕が今回やりたかったことは以下の通りです

今まで:

  • SMS+データ通信Sim:LinksMate(1GB) 553円/月
  • 音声Sim:ソフトバンク 332円/月
  • 計 885円/月

これから:

  • 音声通話+SMS+データ通信Sim:LinksMate(1GB) 737円/月
  • 計 737円/月

つまり、ソフトバンクの通話SimをMNP転出してLinksmateで音声+データSimを新しく契約して回線を1つにすると言うものです

これにより月の携帯支払い金額を約150円ほどカットすることができ、2年契約からも解放されると言うわけです!

やり方

当初、ソフトバンクからMNPしてLinksMateの音声だけを自分の今契約してるデータSimに追加して一気に音声Simにプラン変更できるのかと思ってたんですが、それはできないとのこと

と言うわけで面倒ですか、LinksMateで以下の手順を踏む必要がありました

①MNPを使って新規でLinksMateの音声通話+SMS+データ通信Simを追加
②それまで使っていたデータSimを削除

こうすることでソフトバンクで使っていた音声SimとLinksMateのデータSimを統合することができます

LinksMateでSimカードを追加する方法は2つある

さて、そこで上記①の音声通話Simを追加をするわけですが、ここで注意が必要です

なぜならLinksMateではSimカードを追加する方法が2つあるからです

一つはマイページのメニューにある「SIMカードの追加・削除」から追加するAパターン

もう一つは同じくマイページの「お申し込み」ボタンから追加するBパターン

です

Aパターン同じグループ内でSimを追加し、追加したSimカードとデータ通信量をシェアする方式

Bパターンは新しいグループを追加する方式です

結論から言いますと、僕は今回AパターンでSimを追加しましたが、もしBパターンで追加してたら危うくSim削除手数料を3,300円払うところでした

本当に危ないところでした

詳しく説明します

LinksMateでSim削除手数料が発生しないのはグループのSimが残ってる場合

もう一度僕がやりたかったことをおさらいします

①MNPを使って新規でLinksMateの音声通話+SMS+データ通信Simを追加
②それまで使っていたデータSimを削除

音声Simを追加した後にデータSimを削除します

この時、もしも上記のBパターンで新規グループとして音声Simを追加していたら、今まで契約してたデータSimは別グループとなってしまうので、このSimを削除するときに削除手数料が発生してしまいます

ところがAパターンだと同じグループ内でのSim追加となるので、データSimを削除しても音声Simが存在するので削除手数料は発生しません

上の公式FAQをみてください

LinkaMateではグループ内のSimカードが全てなくなるとプラン解約手数料3300円が発生します

逆に言えば、同じグループ内のSimが残ってる限りSimを削除しても手数料はかからないわけです

これLinksMateの罠(トラップ)なのでめちゃくちゃ注意してください

LinksMateの詳細はこちら

エンジニアの年収を上げる方法

フリーランスエンジニアで年収を大幅アップしませんか?
実際に僕は会社員からフリーランスエンジニアになって年収が87万円アップしました

今なら相談(ヒアリング)するだけで3,000円分のamazonギフト券がもらえます!
初めての案件契約で最大10万円分の準備金がもらえます
非公開の高単価案件(100万円超え)が多数あります

詳しくはこちら